柊風舎

人類と芸術の300万年

人類と芸術の300万年 アートするサル

著者 : デズモンド・モリス
監訳者 : 別宮貞徳
ISBN : 978-4-86498-020-3
定価 : 本体12,000円 + 税
判頁 : A4変型判/上製/320ページ/フルカラー

●ベストセラー『裸のサル』で知られる著者が、60年以上にわたる科学とアート双方の研究から、人間の行動と芸術の進化を分析。
●アートの起源を祖先の狩猟採集生活の行動パターンから説き起こし、現代にいたる美術様式までを丹念にたどる。
●絵画・彫刻・建築・織物などの実例を見ながら、民族の共通点や相違点を考察し、多様な文化に触れる。
●子どもが描いた絵、チンパンジーやゾウなど人間以外の動物が描いた絵から、「アートする動物」を多角的に検証する。
●350点以上のカラー写真、約700項目の索引を掲載。

目次より(抜粋)
第1章 序 <アートの定義>
第2章 アートの起源 <アートの人類学>
第3章 動物のアート <動物が描いた絵>
チンパンジーの実験/単純な線画/描画能力/類人猿以外の動物が描いた最近の絵
第4章 子どものアート <絵を描く衝動の発達>
発達の初期/なぐり描きから絵へ/幼い画家の流儀
第5章 先史時代のアート <狩猟採集民から最初の農耕民まで>
最古のアート/持ち運び可能な小立像/洞窟画/新石器時代のアート/巨石群
第6章 部族アート <部族社会が作る像>
頭部と体の歪曲/身体装飾/三つの特徴
第7章 古代アート <文明化された芸術の誕生>
新しいアート形式/スタイルの一貫性/新しい視覚アート/大規模なアート作品
第8章 伝統芸術 <聖なる場所からサロンへ>
教会の支配/新しい自然主義/農民と肖像画/光と影の芸術/静物と風景/ポスト印象派/新しいアートの形式
第9章 近代アート <ポストフォトグラフィックアート>
自然界からの撤退/論理的世界からの撤退/夢のような情景/ポップアート/伝統的技法への反抗/カメラとの競い合い
第10章 フォークアート <教育を受けた社会における教育を受けていないアート>
織物/住宅/乗り物/ウォールアート/フェスティヴァルアート
第11章 アートの役割 <創造意欲がたどってきた九つの道>
宗教のためのアート/一般大衆のためのアート/伝統のためのアート/主義、主張のためのアート/祝祭のアート/販売促進のためのアート
第12章 アートの法則 <非日常への道>
誇張の法則/純化の法則/構図の法則/不均質の法則/洗練の法則/テーマのヴァリエーションの法則/新しいもの好きの法則/状況の法則
索引
約700項目